Members

  • マネージャー

後藤雅典

  • 食品加工
  • 建設
  • 農業
  • 物流
  • 製造

京都大学工学部卒業。機械メーカーにて文字認識や映像解析の認識技術開発に従事。
在職中の2017年に九州大学大学院システム情報科学府にて博士号を取得。アルゴリズム開発からライブラリ化、システム構築、マネジメントまで幅広い業務を行う。
DeepXの掲げるビジョンを実現すべく、2019年入社。

Message

「最先端の技術をわかりやすく」
ディープラーニングの登場で、認識技術を活用した人工知能が身近なところで使われ始めています。
一方で、技術的にはまだまだ発展途上であり、「やりたいこと」を「できること」にするには解決すべき課題も多く残されています。
最先端の認識技術をユーザー視点でわかりやすく実装し、人と機械が協働できるシステムを提供することが私のミッションです。

機械の省人化・無人化は、日本の少子高齢化という社会構造上の課題を解決するために必要不可欠な要素の1つです。
日常生活の中では、日本の生産人口減少という社会問題を身近に感じることは少ないかもしれません。
しかし、機械の省人化・無人化のニーズはすでに顕在化しており、日本のものづくりを次の世代につなげられるかどうかは我々世代の創意工夫にかかっています。

優秀なエンジニアが切磋琢磨しながら一つのチームとして課題の解決に取り組む。
そんなエンジニア冥利に尽きるような環境がここにはあります。
泥臭くて地道な努力を続けることで、日本の未来を一緒に創っていきましょう。

もっと読む

Interest

  • 画像認識技術の社会実装
  • エッジコンピューティング
  • 人工知能システムのプロジェクトマネジメント

Personal

  • 息子と娘の笑顔がエネルギー源です。
    子どもたちの成長を感じるたびに、「人間ってすごいな!」と思います。
    子どもたちに負けないように自分も成長していきたいです。

  • 地元の秋祭りに子どものころから継続して参加しています。
    伝統行事を続けていくことは大変ですが、
    みんなが力を合わせることの大切さを感じさせてくれます。

このサイトではクッキー(Cookie)を利用しています。サイト利用を継続することで、当サイトのクッキーポリシーに同意するものとします。

同意する