Members

  • CDO

冨山翔司

  • 建設
  • 農業
  • 物流
  • 製造

東京大学工学部を卒業後、同大学大学院工学系研究科修士課程を工学系研究科長賞を受賞し卒業。学部三年より、東京大学松尾研究室にて深層学習の研究に打ち込み、また、企業との共同研究プロジェクトをリーダーとして多数牽引。DeepX入社後、油圧ショベル自動操縦プロジェクト等、従来自動化が困難とされてきた領域での自動化プロジェクトを手がける。2019年6月に取締役Chief Development Officerに就任。

Message

日本は、少子高齢化によって働き手が減少傾向に転じ、今後更にその傾向は強まっていきます。平成の時代は経済成長に失敗した時代であると位置付けられていますが、令和の時代は退行の時代になる可能性もあります。既に人手不足は各業界で顕在化しており、特に建設業や農業など過酷な環境下での作業や匠の技を要する作業が発生する業界では、深刻な働き手不足を抱えています。将来、新しいビルが立たなくなる、国産の米が食べられなくなる、ガスや水道、道路といったインフラが維持されなくなる、そういったことが将来起こりうるのです。

我々は、ディープラーニングを先駆けとして急速に進歩している人工知能技術に、この問題の解決可能性を感じています。既に画像や言語のソフトウェア領域では、いくつかのタスクで人間の能力を超えるような性能を人工知能技術は発揮しています。我々はこの人工知能技術をハードウェア領域に適用することによって、人間の様々な運動作業を自動化します。そして、人手不足が深刻である業界に生産性革命をもたらし、ひいては令和の日本の発展を支えるような役割を担うことを目指しています。

上を成し遂げるため、我々は高い素質と志を持った若者を中心として、日々学び続け、粘り強く仕事に取り組み、課題解決を最優先に動けるチームを作っています。このチームはお客様へ最高の価値提供をし、また、我々のミッションに共感する同志を待っています。

もっと読む

Project

Interest

  • クライアントの抱える本質的な課題の理解
  • 先端人工知能技術をはじめとした、課題解決のための打ち手の選択/設計
  • クライアントに上を納得していただくためのコミュニケーション

Personal

  • ボルダリングに長らくはまってます。
    弊社でボルダリングが趣味の人が何人かいますが、私が元祖でした。
    思うにボルダリングは、私をAIエンジニアとして大きく成長させてくれた、母とも呼ぶべきスポーツであります。

  • 高校生の頃からバンドをやっています。今はギターを弾いています。
    父親がやっているバンドに年に一回だけライブで参加していて、周りは年上の方ばかりですが、楽しく呑気にやってます。

このサイトではクッキー(Cookie)を利用しています。サイト利用を継続することで、当サイトのクッキーポリシーに同意するものとします。

同意する